スポンサーリンク

「ポテト」か「ポテト」か論争~東と西の不毛な戦い~

スポンサーリンク

「ポテト」か「ポテト」か・・・・!

関西人(以下西):「なぁ、東」

関東人(以下東):「どうした?西」

西:「じゃがいものことなんて言う?」

東:「え?じゃがいも。」

西:「ちゃうやん!じゃがいも細く切って揚げたやつとかなんて言うん?って聞いとんねん!」

東「あぁ~ごめん。(そんなに怒らなくてもいいじゃん・・・)・・・・ポテト?かな。」

西:「(なんで怒ってないのにビビッてんねん)ちゃうやん。ポテトやん」

東:「ん?ポテトだよね?合ってるよね?」

西:「ちゃうちゃう。ポテト。関東の人はな、ポテト↑って語尾が上がるやん。あれ、関西ではポテト↓って下がるんや。」

東:「そうなの?イントネーションの違いだしどっちでもいいんじゃない?」

西:「よーないわい!自分ら関東の人間が正しい思っとるんか知らんけど、ポテトはポテト↓やで!」

東:「(どうしてこいつ怒ってるの?)そ、そうなんだ。でもフライドポテトって語尾上がるよね?」

西:「フライドが付いとるから上がらなおかしくなるねん。それだけのこっちゃ!ほなポテトチップスはポテトの部分さがるんちゃうんかい!」

東:「ん?ポテトチップスも上がるんじゃ?」

西:「なんでやねん!ポテト↓チッ↑プスやないかい。」

東:「そっか・・・ん?でも♪カルビーのポテト↑チッ↑プス♪ってCMで歌ってるよね?」

西:「あ、ほんまや・・・」

東:「だよね?だからポテトは語尾上がるのが正しいんだよ。関西はイントネーションが独特なだけ。っていうか、なんでさっきから怒ってるの?だんだんこっちも腹が立ってきたんだけど。」

西:「そ、そうなんか・・・。で、でも怒ってはないぞ!?普通にしゃべっとるやん。」

東:「いつも怒ってるように聞こえるんだよ。言い方がきついっていうかなんていうか・・・」

西:「ごめんやん。でも、関西はこういう勢いのある話し方する人が多いねん。」

東「そうなんだ・・・でも、文化の違いだし、仕方ない部分があるかもしれないね。」

西:「そうやな。ポテトの言い方の違いなんか気にする必要ないよな!言い方気を付けるようにするし、これからも仲良くしたって!」

東:「そうだね!これからもよろしく!」

こうして、二人は固く握手を交わし、二人の絆は一層固く結ばれたのであった。

そう、堅あげポテトのようにね。

欧泉(おういずみ)ジャクソン
欧泉(おういずみ)ジャクソン

チョットマッテ!二人ともオカシイよ!ポテトはポテト↑でもポテト↓でもないよ!ポテ⤴イト⤵がタダシイネ!

東・西:「・・・・・・。(今までの論争はなんだったのだろうか)」

さいごに

「♪カルビーの~ポテ⤴ト⤵チッ↑プス♪」でおなじみのカルビーは創業1949年(創業当初は松尾糧食工業)の老舗お菓子メーカーです。

看板商品であるポテ⤴ト⤵チッ↑プスは創業当初から製造・・・・しておらず、創業当初は「かっぱあられ」という「かっぱえびせん」の前身ともいえる商品で鮮烈デビューしています。

1975年にポテ⤴ト⤵チッ↑プスが発売されてから46年。

ポテ⤴ト⤵を揚げるというシンプルな製法ながら他メーカーの類似商品とは一線を画した商品へと成長しています。

そんな絶え間ない努力を続けるカルビー。

現在さらなる進化を遂げているのはご存じだろうか?

大阪の阪急百貨店のみの店舗展開(オンラインでも取り扱い)している「グランカルビー」というカルビーの新ブランドは「大人のための高級なポテ⤴ト⤵チッ↑プス」を体現しており、自分で食べることはもちろん、お土産としても一目置かれる商品となっています。

気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

※当記事はハス山@キングオブニートさん(@hasuyama0526)さん主催のクソ記事選手権にエントリーした記事となっています。

他にもクソ記事を読みたい方は合わせてこちらもお読みください。




コメント

  1. […] トーシロー氏:『「ポテト」か「ポテト」か論争~東と西の不毛な戦い~』 […]

タイトルとURLをコピーしました